高千穂峰(たかちほのみね) 宮崎県高原町 標高:1,574m

山情報

どこから眺めても美しく、坂本龍馬も訪れた名峰「高千穂峰」

写真:韓国岳から眺める新燃岳(手前)と高千穂峰(奥) 撮影:宮崎店 中野


霧島連山に位置する高千穂峰は、どの角度から眺めても美しい姿を持ち、登山愛好家以外の方々にも多く親しまれているシンボルのような山です。 天孫降臨の伝説の場所としても多く知られており、山頂には伝説にちなんだ天の逆鉾が立てられています。
複数の登山ルートから登ることが出来ますが、最も道迷いも少なく登れるのは、高千穂河原ビジターセンターからお鉢の横を通過して山頂を目指すルートではないでしょうか。 その他にも天孫降臨登山口からの天孫降臨ルート等も、この山の魅力を存分に感じることが出来ます。

龍馬がお姉さんに宛てた手紙にも記載されている名峰です

山頂に祀られた「天の逆鉾」を引き抜いた話や、馬の瀬を通る際に「お龍」の手を取りあるいた話、咲き誇るミヤマキリシマにっ感動した話など、坂本龍馬が姉の乙女へ宛てて書かれた手紙にも出てくるポイントがあります。 歴史問わず魅力満点の高千穂峰ですが、登山道を歩きながら昔の偉人に思いを馳せるのも、きっと素敵なハイキングになること間違いありません。

ミヤマキリシマで染められる季節は最も賑わうシーズンです

5月下旬から6月上旬にかけて咲き乱れるミヤマキリシマのシーズンは、山肌が花の色に染まり、非常に美しく、最も人気の高いシーズンとなります。 可憐に山肌を彩る美しい時期は、是非一度訪れてみてください。

大迫力のお鉢

現在も活火山である高千穂峰のお鉢は、直径約600mと大迫力です。高千穂河原ビジターセンターからのコースでは、この迫力のお鉢の際を歩いて山頂へ向かいます。
なお、このコースでは急な登りが続きます。 ゆっくり一歩一歩進みながら山頂を目指しましょう。
また下りは、急な下りとなりますので、慌てず慎重に滑らないように下山しましょう。

御来光登山のおまけは、霧島連山に映る高千穂峰の影

高千穂峰は独立峰で、山頂からは360度の展望が楽しめます。御来光登山等にも人気が高く、早朝には霧島連山に映る高千穂峰の影が、巨大なピラミッドのような形に映し出され、素晴らしい絶景を堪能することができます。

駐車場・トイレについて

各登山口に駐車場がありますが、高千穂河原ビジターセンターからの登山を行われる際は、有料となります。
なお、駐車場横にトイレがありますので、登山を開始する前に済ませておきましょう。

高千穂峰

map