多良岳(たらだけ) 多良山地 佐賀県・長崎県 標高:983m

山情報

四季折々の咲く花を求め登山者が絶えない人気の山 多良岳

佐賀県と長崎県の県境に位置する多良岳は、国見岳・多良岳・前岳(本多良岳)の3つのピークが連なっており、それを総称して「多良岳」と呼びます。多良岳山頂には太良嶽神社上宮の石祠があり、山中に観音像が立ち並ぶ等、真言霊教の歴史を今も感じることができます。山中にある「金泉寺」は僧行基が開山し、境内には山小屋があり休憩ができます。

四季を通して感じる事の出来る豊かな自然

多良山系では、他の地域では見る事のできない「オオキツネノカミソリ」をはじめとして、早春に頭上を飾るマンサク、新緑期に薄紅色に花を開くツクシシャクナゲ、秋の紅葉や、冬の樹氷と1年を通して多くの方がハイキングに訪れ、多良岳を水源とした「多良岳水源の森」は、「水源の森百選」に選定されており、豊かな自然溢れる山です。

多良山系の縦走もお薦め

多良岳山系といわれる山々の縦走も楽しまれている方が多く、花の時期に「経ヶ岳~多良岳縦走」をされる方が非常に多いです。
長距離の縦走を好む方は「五家原岳~多良岳~経ヶ岳~郡岳」も。
縦走については、道迷いのリスクや時間を考えての行動も必要となりますので、初心者の方はベテランの方に同行いただきましょう。

お薦めシーズン

年中楽しむことのでき、春の花の季節3~5月、オオキツネノカミソリが咲く夏、秋の紅葉、冬の樹氷と四季の変化を楽しむことができます。
その中でも最も人気なのは、花の季節ではないでしょうか。
是非、カメラを持参して美しい多良岳の花を写真に収めてみてはいかがでしょうか。

多良岳

map