白鳥山(しらとりやま) 宮崎県えびの市 標高:1,363m

山情報

池めぐりコースで知られるハイキングにも最適な展望の優れた 白鳥山

写真:白鳥山山頂から眺める韓国岳 撮影:宮崎店 中野


宮崎県えびの市に位置する白鳥山は、霧島連山最高峰「韓国岳」の北西に位置しており、素晴らしい景色とえびの市の豊かな自然が堪能できるコースとして非常に人気があります。 標高1,363mの白鳥山は登山口との標高差も低いため手軽にハイキングの楽しさを感じることが出来るという点も人気のポイントです。

初心者のハイキングコースとしても最適な池めぐりコース

白鳥山山頂へは、「えびの公園エコミュージアムセンター」からスタートする池巡りコースを楽しみながら山頂を目指すコースが最適です。 このコースでは歩行時間も2時間程度で、高低差も少なく「白紫池」「六観音御池」「不動池」などの美しい池を巡りながら、展望の優れた白鳥山へ登ることができます。

このコースは、初めて登山を経験される方にとっても、程よい疲労感、素晴らしい展望、ゆったりできる休憩ポイントや、四季の変化を楽しむことができ、登山やハイキングの魅力を感じていただくにも最適です。

開けた視界と素晴らしい展望

白鳥山山頂からの展望は非常に素晴らしく、目の前に素晴らしい存在感を出している「韓国岳」、南を眺めれば桜島、北方面を眺めると市房山等の九州中央山地の山々や、天候の良い際は雲仙までをも眺めることが可能です。
初心者の方が最初に登る山としては、本当に最適な山と言えると思います。

お薦めシーズン

白鳥山は年間を通して楽しむことができ、1年を通して四季の変化を楽しんでいただきたい山です。
その中でも、新緑やえびの高原に咲くキリシマミズキの美しい4月下旬~5月程度、紅葉やススキの美しい秋のシーズンが快適で美しさも堪能できるシーズンだと言えます。

豊かな自然溢れるえびの高原

えびのの美しい森は、「森林浴の森百選」に選ばれており、えびの高原に時折こだまする鹿の鳴き声は、「日本の音百選」に選ばれています。歩行時間の短いコースだけに、慌てずゆっくりと周囲の自然を楽しみ、自然の音や空気を肌で感じてみてはいかがでしょうか。

注意事項

整備されたハイキングコースの為、大げさな登山道具等の準備がなくとも、素晴らしい景色を眺めることが出来ます。
けれども、天候への配慮や、「簡単だから」と油断することで、怪我や道迷いに繋がってしまうこともあります。
必ず事前にコースを確認して、水分や食料を携帯してハイキングを楽しみましょう。

白鳥山

map

ページトップへ