大幡池(おおはたいけ) 宮崎県小林市 標高:1,234m

山情報

標高1,234m 韓国岳が映る霧島の静かな火山湖 大幡池

写真:大幡池より眺める韓国岳 撮影:宮崎店 中野


宮崎県小林市にある大幡池は、標高1,234mにある直径460mほどの火山湖です。
静かにたたずむ湖に到着すると、美しい水面に韓国岳が映し出され、静けさと神秘的な雰囲気を持っています。
ひなもりオートキャンプ場からのルートで大幡池を目指せば、大淀川支流の高崎川に流れ込む流れの一部のはじまりを見る事ができ、メジャーなポイントではないかもしれませんが、静けさと美しさを持った素晴らしい湖です。

大幡山へのルートは立入禁止

2011年に噴火した新燃岳の影響から、現在(2016年)でも大幡池から大幡山へ行くコースは立入が禁止されています。大幡山から眺める霧島連山の美しい稜線や、ミヤマキリシマの群生、こうした美しいポイントを訪れることが出来る日が訪れるのが待ち遠しい限りでございます。

冬の風物詩「膳棚」

大幡池へ上るルートとは異なりますが、毎年冬になれば大幡前山あたりにある膳棚へ出かけて、迫力ある氷瀑を眺める方も多いのではないでしょうか。 最近では素晴らしいタイミングに遭遇出来るチャンスも短くなってきているように感じますが、冬の風物詩を眺めにベテランの方にご案内いただくのもいいかもしれません。
※膳棚までのコースは危険個所もあり、初心者だけで訪れることはやめましょう。ベテランの方にご案内いただいてください。

 

大幡池

map