扇ヶ鼻(おうぎがはな) 大分県竹田市 標高:1,698m

山情報

意外と忘れられがちな名峰 扇ヶ鼻

写真:沓掛山展望所より眺める扇ヶ鼻(右) 撮影:鹿児島店 濱口


扇ヶ鼻は九重連山の中部付近にに位置しており、山頂からのなだらかに広がる裾野が特徴的な姿をしている為、扇ヶ鼻を目的に登りに来る登山者は少ないです。しかし、登ってみれば素晴らしい景色を一望する事が出来る山なんです!
眼下には九重の山並みが広がり、天候が良い日は阿蘇山や祖母山、傾山といった九州を代表する山々を望む絶景スポットです。

初心者でも登りやすい扇ヶ鼻登山

扇ヶ鼻に登る登山口の中で初心者の方でも登りやすい登山口は牧ノ戸峠です。
駐車場も広く、トイレ、売店もあり沢山の方が利用する登山口です。売店ではソフトクリームも販売しているので山から下山した後に食べるアイスは格別です!
牧ノ戸峠登山口から沓掛山を経由して扇ヶ鼻と久住山への分かれ道「久住別れ」から扇ヶ鼻の方へ進みます。
登山道は歩きやすいように整備がされておりゴミひとつ落ちてない程、綺麗にされています。沓掛山までは登りがあるのでゆっくりと呼吸を整えながら登りましょう!
沓掛山を過ぎるとなだらかな気持ちのいい稜線歩きとなり周りの山々を眺めながら楽しくあるく事が出来ます。
久住別れから、扇ヶ鼻はあと少し!最後の登りを登りきれば標高1698mの扇ヶ鼻山頂に到着です。
山頂は非常に広いのでゆっくりとした贅沢な時間を過ごして下さい。

体力と時間に余裕があれば、扇ヶ鼻にも是非立ち寄って下さい

前置きでも書きましたが扇ヶ鼻を目的に登る登山者は少なく、牧ノ戸峠から登られる登山者の殆どは久住山を目指される方が多いですが、扇ヶ鼻の展望はどの山にも負けてはいません!!
合わせて扇ヶ鼻は四季を通して楽しめる山ですが、ミヤマキリシマの時期や紅葉の時期には素晴らしい花、紅葉を見る事ができます。是非、扇ヶ鼻にも足を運んでみられると、素敵な感動が待ち受けていますよ。

お薦めシーズン

年間を通して四季の変化を楽しめます。
最も賑わうのは春のミヤマキリシマシーズン(5月末~6月上旬)※年によって開花時期は異なります。
秋の紅葉シーズン(10月末から11月上旬)

登山口・駐車場について

牧ノ戸峠 (50台以上駐車可)

扇ヶ鼻

map