REPORT

お客様と、くじゅう 坊ガツルテント泊へ from宮崎店

お客様と、くじゅう 坊ガツルテント泊へ行ってまいりました

皆さんこんにちは。
いつもシェルパのホームページをご覧いただきありがとうございます。
シェルパ宮崎店より濱口です。

9月になり急に肌寒くなり季節はすっかり秋に近づいていますね。
日に日に寒暖の差が激しくなり、体調を崩されたりされてはいませんでしょうか?


先日、テントをご購入いただいたお客様より大分県のくじゅう坊ヶツルでテント泊がしたいとご相談がありました。
お二人とも山の中でのテント泊は初めてで登山自体もあまり経験がないと不安との事だったので、せっかくなら一緒に行きましょう!という話になり
  • 坊ヶツルでテント泊
  • 山頂でご来光を見る

この2つの目的を持って1泊2日でくじゅうへ行ってまいりました。

この日をとても楽しみにしておられ移動中も終始、山の話しとテント泊に対する思いの話であっという間に登山口の長者原に到着。
初日はお昼頃まで雨が残りそうな予報でしたが天気も私達に味方してくれたのでしょうか、徐々に晴れ間も見えはじめました。

今回のテント泊に向けて揃えた道具をザックに詰め込み、出発!!

大分県玖珠郡 「長者原」

map

今回、坊ヶツルに向かう為に選んだ登山口が長者原登山口です。

ここ長者原登山口はくじゅうの山々へ登る登山口の中でも牧ノ戸峠と並ぶ主要な登山口の一つとなります。
坊ヶツルへ向かう登山口は沢山ありますが、ここ長者原からがアクセスもよく登山道も整備され歩きやすいのでお勧めでございます。
駐車場も綺麗に整備がされておりトイレも設置されているのでここを拠点に登山を楽しまれる方も多く、長者原周辺には約1.3キロの遊歩道が設けられ登山以外でもハイキングや自然散策などを楽しむ事ができます。

日帰り登山とは違い、テントや寝袋、食料など普段より沢山の荷物を背負っているので、早く先へ進みたい気持ちになり、ついペースが早くなってしまいますが、無理は禁物です。
ゆっくり、一歩づつザックの重さに体を慣らしていく感じで呼吸を整えながら登りましょう。

雨ヶ池(あまがいけ)

長者原登山口から約1時間程歩いてくると急に視界が広がる雨ヶ池という地点に出ます。

ここまで登れば後は緩やかに下りながら約1時間程で坊ヶツルへ到着します。
貴重な植生植物を守るために木道の道が作られてます。
夏の花を代表する「マツムシソウ」を見る事ができました。

写真の右側に見える山は「平治岳」です。毎年6月上旬にはこの山の斜面にミヤマキリシマが咲き誇り、山全体がピンク色に染まります。

念願の坊ヶツルが見えました!!
ここへ来る事が夢だったお二人から「やった、嬉しーい」と出た言葉に私もご案内できて良かったと改めて感謝、感激です。

坊ガツルでテント泊

坊ヶツルに到着し、まずはキンキンに冷やしたビールで乾杯!
疲れも一気に吹き飛びます(笑)

今回のテント泊の為に購入して頂いた、MSRのエリクサーとハバハバが坊ガツルのテン場に一際目立ちます。
坊ヶツルには法華院温泉山荘とう山小屋があり、宿泊も可能です。

食事やお布団もありますが何と言ってもこの山小屋には九州では一番高い場所から出る温泉があります。
私達もテントを設営して、温泉に入り汗を流しました。

豪華すぎる山での食事に大満足

温泉から戻り食事の準備にとりかかります!
流石は日頃より料理をされているだけあって出てくる物が一品一品、豪華すぎます。

サラダにパスタにビーフシチューにスープ、どれもとっても美味しい料理ばかりでお酒も飲みながら、たわいもない話でまったりとした時間を過ごしました。
静寂の夜に美味しい料理を囲んで過ごす時間は本当に贅沢で、これもテント泊ならではの醍醐味です。

私も負けじと燻製を作りましたが到底お二人の料理には敵いません・・・

マットを引いて満天の星空を鑑賞

写真は撮れませんでしたが上を見上げると満天の星空が広がっており
マットを引いてゴロンと横になって澄んだ夜空に輝く満天の星をしばし眺めていると運よく流れ星も見れました!
テントが最も輝く瞬間が灯りを入れた時ではないでしょうか。
やっぱりMSRのテントは絵になりますね。かっこいいですよね!

大船山からのご来光

大船山からご来光を見る為に深夜2時に起床しヘッドライトを付けて出発。
真っ暗の闇夜にヘッドライトの灯りを頼りに慎重に登っていきます。
風の音、鳥の声も聞こえず、聞こえるのは呼吸する息づかいと足音だけ、手、足、耳、鼻、目、体全身を使い一歩一歩、山頂へ向けて足を運んでいきます。

順調に登り日の出の1時間前には大船山山頂に到着してしまいました。
夜明けが近づくにつれ、うっすらとオレンジ色の空に変わり始めます。

眼下には雲海が広がり幻想的な景色を見られるのもご来光登山の特権であり、ここまで登って来たからこそ、達成感や嬉しさも何倍にも感動が膨れ上がります。
そして、待ちに待ったご来光です。
ゆっくりと昇る太陽が街や山々に陽を照らし朝焼けと言うように周りの山々が赤く燃え上がっているような風景が目の前に広がります。
山の中でテント泊、ご来光登山と何から何まで初めての体験ばかりの1泊2日でしたが、同じ環境の中で同じ時間を過ごさせて頂いた事に本当に感謝です。
今回、お誘いして下さった皆様、ありがとうございました。

そして後日、お二人からお礼のメールがお店に届きましたのでご紹介させて頂きます。

三年前に雑誌で坊ヶツルの事を知り、いつか自分たちもここでテント泊をしたいと思っていました。
外遊びは日頃から楽しんでいましたが、なかなかテントを買うまでには至らず、
シェルパさんにいつか坊ヶツルでテント泊をするのが夢だと話したところ、
すごくいい所だと言われ益々行きたい気持ちが高まりました。
それから何度かシェルパさんに足を運んでいたのですが、ある日店員さんにおすすめの
テントを実際に張って見せていただいたところ、一目惚れし即購入しました。
それからはテント泊に必要な装備等を店員さんにアドバイスしていただき、濱口さんの案内で念願の坊がつるへ行ける事になり
とてもわくわくしながらその日が来るのをまだかまだかと待ちわびていました。。
65リットルのザックに衣食住を詰め込み、約12~15キロの荷物を背負って歩くこと約3時間・・・
3年前に雑誌で見た風景が目の前に現れた瞬間、疲れも吹き飛び言葉がありませんでした!
到着して真っ先に飲んだ缶ビールはどこで飲むビールよりもはるかに美味しかったです。
心配だった天気にも恵まれ広い湿原の中にテントを張り、そこで食べる美味しい食事、
見上げればどこまでも広がる満天の星空、静かな夜・・・
大船山の頂上から見る雲海、ご来光、空や山の色が変わっていく瞬間・・・
坊ヶツルで体験したどれもが素晴らしく、贅沢な時間を過ごせました。
3年前に夢見たことがこんな素晴らしい形で実現できたなんて・・・とすごく感激しています。
これもシェルパさんに相談したからこそ叶えられたことだと感謝しています。
本当にありがとうございました。

宮崎県も含めて九州では登山、ハイキング、キャンプ、川、海など自然の中で遊ぶフィールドは
沢山あります。季節も段々と秋の装いに変わり気候も外で遊ぶには丁度いい時期になって来ました。。
どういう遊びがあるのか分からない、こんな遊びがしてみたい、など分からない事があれば
気軽にシェルパスタッフにお尋ね下さい!是非私達と一緒に遊びましょう。

関連記事

REPORT

お客様にお招きいただいたキャンプ from宮崎店

お客様にお招きいただいたキャンプ皆さん、こんにちは。いつもシェルパのホームページをご覧頂き本当にありがとうございます。最近、各スタッフがお客...

NEWS

シェルパ 採用情報 (10/19更新)

シェルパの採用情報シェルパでは業務拡大に伴い、新しく一緒に働く仲間を募集いたします。アウトドア業界で、自然やアクティビティを楽しみながら一緒...

REPORT

キャンプの楽しみ方~ENJOYCAMP報告~ from熊本店

キャンプの楽しみ方~ENJOYCAMP報告~いつもシェルパのホームページをご覧いただきありがとうございます。シェルパ熊本店の谷井です。先日の...

ページトップへ