REPORT

2泊3日の屋久島縦走へ from宮崎店

2泊3日の屋久島縦走へ行ってきました

こんにちは、宮崎店の中野です。いつもシェルパのホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
先日2泊3日の屋久島縦走へお客様に同行させていただいてまいりました。

今回の行程

今回の行程は以下のようにさせていただきました。
1日目
鹿児島港⇒安房港⇒淀川登山口⇒淀川小屋
2日目
淀川小屋⇒花ノ江河⇒宮之浦岳⇒平石⇒新高塚小屋
3日目
新高塚小屋⇒縄文杉⇒ウィルソン株⇒大株歩道⇒白谷雲水峡⇒宮之浦港⇒鹿児島港

天候によっては、二日目に黒味岳と永田岳に立ち寄る予定として、鹿児島港を出発いたします。

初日は生憎のどしゃ降り

安房港から淀川登山口までタクシーを利用して移動しましたが、途中屋久島猿に早速遭遇します。
タクシー内で和気藹々とした雰囲気の中、到着早々から屋久島猿の群れに何度も遭遇し、初日から皆さまの気分が高揚してくのですが...

タクシーで進むほどに雨はひどくなり、登山口に到着した時点では、すでにかなりの雨です。
それも屋久島だと全員で割り切り、雨の中の屋久島を楽しみながら、レインウェアに着替えて初日の淀川小屋まで向かいます。

淀川小屋へ到着した時点では、生憎のどしゃ降りです。
天気が良ければ周辺散策でも。と皆さんで話しておりましたが、トイレに行くのも気がひけるほどのどしゃ降り(涙)


早めに食事をとって、二日目に控えて眠りにつきます。
しかし夜中にあまりの豪雨で目が覚め、小屋の前でお客様と一緒に雨の様子を見ていると、近くに雷は落ちるは、雨はひどくなる一方。
天気予報では、この雨が抜けてしまえば回復する様子だったのですが、さすがに「このままの状態が収まらなければ、明日は引き返しも考えましょう」というほどの豪雨でございます。

結局、眠りにつくまで雨は上がらず、明日の天気を祈りつつ眠りにつきます。

天候に期待を込めた2日目

二日目、早朝に目を覚ますと幸いなことに雨は上がっています。
外に出てみると、うっすら月が見える状態。暴風で歩きづらいものの、この後は天気も回復するだろうということで、予定通りの行程でいざ出発でございます。

花ノ江河に到着した頃には、うっすらと明るくなり始めています。
霧の中で眺める屋久島の美しさを堪能しながら、宮之浦岳を目指して進みますが、強風の影響で行動中は温かいものの、休憩すればすぐに体が冷えてしまいます。

展望は得られないなと判断して、皆さんと黒味岳に登ることは避けて、こまめにレインウェアを着用したり、脱いだりと体温調節に気を付けながら宮之浦岳を目指します。


宮之浦岳に到着した時点では、凄まじい風と雲の中で、残念ながら景観を楽しむことはできませんでしたが、幸い人も少なく、山頂では10名ちょっとの別のパーティーの方がいらっしゃいましたので、全員で九州最高峰に到着したことを喜びながら、短い休憩を挟んで進んでいきます。

平石付近では一瞬の絶景に恵まれました

あまりに風も強く、永田岳はまたの機会に。という事で新高塚小屋を目指しますが、平石付近からは雲が一時的に抜けてつかの間の屋久島の展望を楽しむことが出来ました。
皆さん、ここまで全く展望を楽しめずに進んできたので、溜まっていた「素敵な写真を撮りたい」という欲を、それぞれが発散するように、小一時間の晴れ間に周辺の展望を楽しみながら写真を撮ります。
展望を楽しめたのは、一時的に雲が抜けた小一時間の間でしたが、それでも屋久島らしい絶景を楽しむことが出来ました。
その後は周辺の展望もすべて雲の中。しばしの絶景を楽しんで新高塚小屋へ向かいます。

ハイシーズンを終えた新高塚小屋は、テントが5張り程度、小屋の中も一人ひとりが十分にスペースを取れる程度でゆっくりできました。
早めの夕食を終えると、日が落ちた後には天候も回復し、起きてた数名の方と凄まじい星空を眺め、最終日の行程に備えてゆっくり休みます。

さすがに二日目を終えた後は、良く歩いた疲れもあり、小屋の中はイビキのハーモニーが面白く、大きなイビキの音、目が覚めてゴソゴソ動く人、こらえきれずにクスクス笑う人。
そうした色んな方がいらっしゃるのを楽しみながら、私もいつの間にか眠りについていました。

3日目のスタートは朝日に染まる縄文杉

3日目一番最初の見所は、朝日に染まる縄文杉です。
昨晩から天候も回復し、予報では昼くらいまでは持つだろうと話し合って、期待を込めて縄文杉へ向かいます。

天候も最高!
東の空は赤く染まり、縄文杉を眺める背中が太陽に照らされて少しずつ温かくなります。
しかも私たちだけの貸し切り状態です。

いよいよ太陽も昇り始めて、周辺の木々も赤く染まり始めます。
全員、静かで美しい周辺の景色を写真撮りながら、縄文杉が赤く染まるのを待ちます。


初日の悪天候には参りましたが、三日目の朝一で最高の天気に恵まれて、貸し切り状態の中で、静かに染まる縄文杉を堪能することが出来ました。全員で縄文杉をバックに記念撮影。
テンションの上がった皆さまと共に、静かな縄文杉周辺に、今回の皆さんの笑い声がこだまし、良い時間を過ごさせていただきました。

トロッコ道、白谷雲水峡を経て下山です

いよいよ2泊3日の屋久島縦走も終わりが近づいてきました。
縄文杉でのんびり過ごしすぎてしまいましたため、予定よりもかなり時間が押してしまいました。
おそらく昼頃には天気が崩れるだろうと予測し、ウィルソン株を経てトロッコ道では早歩き状態で一気に通り過ぎていきます。

こちら側では、縄文杉を見に訪れた観光の方々で、非常に賑わっており沢山の現地ガイドの方や、遠征のガイドの方が、多くのお客様を連れて歩かれていました。


こけむす森に来た頃には、雷が鳴り始め、天候も崩れる予感がいよいよ本格的に。
12:00までには下山しようと時計を眺め、周辺の景色を楽しみながら無事に12:00ちょうどに下山することが出来ました。


下山後は楠川温泉に入り、ビールを飲む方、コーラを飲む私とそれぞれ、下山後の疲れを癒して宮之浦港に到着です。
到着同時に凄まじい暴風雨。
初日だけは天候に恵まれませんでしたが、それでも悪天候を上手くかわしながらの行動をとることが出来まして、何より皆さんと無事に2泊3日を終えた事が非常に嬉しい行程となりました。

鹿児島港で別れを惜しみ、それぞれが帰路につきましたが、皆さま本当に素晴らしい2泊3日の旅、お疲れ様でございました。
またお会いできる日を心から楽しみにしております!

プライベートな山行のご案内も気軽に申しつけください

今回のようにハイシーズンを避けた期間で、友人や仲間と出かけたいという場合のご案内等も、シェルパスタッフが全力でサポートさせていただきます。
屋久島、大山をはじめ、アルプス遠征など、皆さまの「初めての体験」をより素晴らしく楽しいものに出来ますように、お近くのシェルパスタッフがサポートいたしますので、気軽に店頭でご相談ください。
スケジュールにもよりますが、スタッフが同行させていただいてご一緒させていただくことも可能です。

是非、様々な素晴らしい場所を一緒に体験しましょう。

屋久島縦走2泊3日の動画

サムネイル

今回の2泊3日の動画は、現在トップページの動画で流させていただいております。
良いなーと思われた方は、是非私たちと一緒に屋久島に行きませんか?
日頃から気の知れた仲間で出かける遠征は非常に楽しい思い出になること間違いなしです。
屋久島までのステップアップから一緒にお手伝いさせていただきますので、一緒に屋久島の大自然を楽しみに出かけましょう。

最後までご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

宮之浦岳(みやのうらだけ) 鹿児島県屋久島 標高:1,936m

map

関連記事

REPORT

お客様にお招きいただいたキャンプ from宮崎店

お客様にお招きいただいたキャンプ皆さん、こんにちは。いつもシェルパのホームページをご覧頂き本当にありがとうございます。最近、各スタッフがお客...

NEWS

シェルパ 採用情報 (10/19更新)

シェルパの採用情報シェルパでは業務拡大に伴い、新しく一緒に働く仲間を募集いたします。アウトドア業界で、自然やアクティビティを楽しみながら一緒...

REPORT

キャンプの楽しみ方~ENJOYCAMP報告~ from熊本店

キャンプの楽しみ方~ENJOYCAMP報告~いつもシェルパのホームページをご覧いただきありがとうございます。シェルパ熊本店の谷井です。先日の...

ページトップへ