COLUMN

【アウトドアを楽しむ小旅行にオススメ】 甑島の旅「山屋さん」のキャンプスタイル編 from鹿児島店

甑島で山屋さんならではのキャンプを楽しんできました!!

皆さんこんにちは。 シェルパ鹿児島店店長の濱口です。
前回のブログでもご案内した通り、先日の甑島に行って来ました。
今回の目的は「山登り以外のアウトドアも満喫する」

ということで、1日目はキャンプ場でテント泊です!
場所は中甑のレクリエーション村。
事前に調べたら、いまの時期はシーズン前なので他のキャンプ場は、まだ水を止めてあり
ここのキャンプ場が唯一、水が出てトイレも使えるとの事だったので、このキャンプ場に決めました。

海の音を聞きながらのんびりゆっくりとした時間を過ごしキャンプでは定番のBBQを堪能!

キャンプをイメージすると、大きなテントに、タープを張ってその中にテーブル置いて、イス置いて。
等をイメージしますが、山屋さん(私)のキャンプスタイルは、とにかくコンパクトに軽量化を図った道具を使って楽しみます。
少ない荷物で、ダイレクトに自然を感じる私達ならではのスタイルです!

タープの設営方法も解説します

今回、私が使用したタープはモンベルのミニタープHX(ヘキサ)
本体とポールを合わせても1300gほどで、大人2人で使うには丁度いいサイズ。

皆さんはタープを立てた事はありますか?
タープの立て方って知っていますか?
普段からキャンプを楽しんでいる方は知っていると思います!

全く知らない!知っているようで分からない!そんな方へ今回は基本的なテントの立て方をお伝えします。
この立て方はとても簡単で、誰でも簡単に一人で立てれます!!


①まずは、タープ本体と張綱、ペグを袋から出しタープを広げます。
次に、タープを張る位置を決めます。
※張る位置は、キャンプ場のスペースや風向き等で変わります。

②張る位置が決まったらポールを組み立て、タープの天井部分の端からそのまま直線上にポールを置きます。
※ポールには上下の向きがありますのでご注意下さい。

③ポールの下の部分は地面に付けたままで、ポールを起こします。
起こしたらそのまま直角に90度になるようにポールを寝せます。

④寝かせたポールの上部分にペグを打ちます。
反対側も同様に全部で4ヵ所ペグを打ち②の状態にポールを置き張綱を打ち込んだペグ(4ヵ所)に掛けます。

⑤張綱をポールの上部分とペグに掛けたら、ポールを起こします。
※この時に勢いよくやるとペグが抜けたり、抜けたペグが飛んで物に当たったり人に
当たったりすると危険なので、しっかりとペグは抜けないように打っておいて下さい。

⑥ポールを2本とも立てて、張綱をしっかり張ったら残りの4ヵ所も張ります。
※トレッキングポールを使い屋根を底上げするだけでも出入りもしやすくなりますよ。

これで出来上がり!!
最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れれば簡単です。

因みにテントは山岳用の(VS30 3人用)テントを張りました。
大型テント程の広々とした空間や快適性には劣るかもしれませんが、なんと言っても
コンパクトで収納性に優れているので、設営も早ければ、撤収も早い!!

やっぱりキャンプといえば、BBQですね!!

キャンプの醍醐味でもあるBBQを。
自然の中で、自然の音を聞きながらのBBQは最高です。
日が暮れる前にBBQを堪能し、お酒も入り充実した時間を過ごす事が出来まいた!!
BBQにはユニフレームのファイアグリルを使いました。

あと、今とても人気のあるヘリノックスのイスも使いましたが
これも使いやすくコンパクトでオススメの一品です。

是非、皆さんもミニマムなスタイルのキャンプやってみませんか?

ミニマムなスタイルでのキャンプはオススメですよ!

ミニマムなスタイルでのキャンプは、よりダイレクトに自然を感じて、最小限の荷物でスピーディーに楽しめます。
シェルパのスタッフの多くは、キャンプ場でも山岳テントです!
最小限にスピーディに準備・撤収が出来て、すぐに遊びに行ける。こんなスタイルのキャンプも最高です!
キャンプ目的ではなく、自然の中に踏み入って遊ぶことが目的ならではのスタイル。

始めたいという方は、お近くのシェルパまで気軽にお越しください!
一緒に自然の中で遊びましょう!!

関連記事

NEWS

シェルパ スタッフ募集!

シェルパの採用情報シェルパでは業務拡大に伴い、新しく一緒に働く仲間を募集します。アウトドア業界で、自然やアクティビティを楽しみながら一緒に働...

REPORT

霧島・えびの高原エクストリームトレイルに出場してきました!

熊本店スタッフの内村です。7月25日にえびの高原で開催された「第9回霧島・えびの高原エクストリームトレイル」に出場してきました。九州では比較...

REPORT

[沢登レポート] これぞ沢登り!といった渓&景「鉾岳沢」

どうもこんにちは。シェルパ熊本店の阿南志武喜です。ようやく梅雨が明けましたね。明けたら明けたでやっぱあちー!やおいかんですな。私は夏の暑さに...

ページトップへ